学釣連シーバス大会

 

え~、それでは、5月16日に行われた学釣連主催のシーバス大会について

REPORTしていく。

 

今回の大会は立教、学習院、東京海洋大、芝浦工大、、、などなど

数多くの大学が参加し、かなりの盛り上がりをみせた(^O^)/

 

大会のルールは、釣り上げた3匹のシーバスの合計全長を競うという、

いたってシンプルなものである。

 

さて、2時までにエントリーを済ませた我々中大勢(ターザンを除く)はその後のルール説明を受け終わりいざ出陣!!!!

 

やる気に満ちた釣りバカ達が一斉に東京湾へ放たれるっ!(笑)

 

2人以上で行動するのがルールなので、まず我々は

 

寺岡部長グループ、大荷元宴会部長、の2グループに別れて行動をとることにした。

 

 

 

私を含む寺岡部長グループは、まず、徒歩で近場のポイントへ~

 

ここは品川という大都会、スーツ姿のサラリーマンが行きかう中で、竿を片手にひたすら歩くっ!(笑) 

 

左写真からその様子が伝わるだろう。 このコントラストが面白い!

 

ポイントへ到着し30分ほど竿を振るが、全くアタリなし(--〆)

 

基本的にシーバスは夜に活動するため、明るいうちは、渋くて当たり前・・・ (;一_一)

 

 

 

 

次に我々は隅田川河口付近へ車を走らせる。

 

ちょうど竿を出し始めた頃には、上げ潮に入っており、

 

期待が高まる!(^^)!

 

ここでミッキーにアタリがっ!!(゜o゜)

 

釣れてる!釣れてるっ!と叫ぶミッキーだが、

 

引き上げてみると、ただのゴミ・・・(笑)(^^)

 

他に、岡山さんにもアタリがあった様だが、乗らず・・・

 

気分を変えるため、3kmほど上に登ることにした。

 

 

ここが3km登ったポイント。  それにしても、都会の川は羨ましい。 

 

だって、川沿いのマンションだと、ベランダからブッコミ釣りができるんだもん(+_+)

 

 

途中、高田川部屋の相撲取り達にガンミされたりもしたが、

 

あっという間に、辺りは暗くなり、いざ本番へ!

 

その後、ピンク色に輝いた屋形船が我々の横を通過したのだが、

 

これに興奮したのか、寺岡さんがやる気になり、竿を振りまくる。(笑)

 

しかし魚は反応してくれない。

 

結局、数回アタリはあったが、一度も乗らずにボウズ確定・・・(;一_一)

 

寺岡組は見事に撃沈!

 

 

 

 

一方、大荷組はというと・・・、

 

なんとヒトデを釣っていた!  どうやら兵藤がスレで釣ったみたいだ。

 

 

大荷元宴会部長組は、モノレールを使いお台場周辺を攻めていたらしく、

 

何度かアタリはあったものの、ノーゲット・・・(--〆)

 

浅瀬で投げ続けた兵藤にヒトデが掛っただけだった。 (プチ外道賞)

 

こちらの写真は、夕日が背景のレインボーブリッチだ。

全然レインボーじゃないしっ! 

 

 

哀愁ただよう自由の女神の縮小版レプリカ。

 

色々な建造物が楽しませてくれるお台場、若干飽きている池まっちゃんの心を癒す。

 

 

最後まで粘った大荷組だが、結局こちらもボウズ(;一_一)

 

 

他の大学も釣れてないことを願いながら、会場へと戻ったが、

 

やっぱり釣られていた。 それも3位入賞者以内はきちんと3匹・・・

 

1位の人はなんと3匹合計174cm!!(゜o゜)

その人曰く、下見はもちろんの事、この大会前に100時間近くはシーバスに費やしたらいしい。(・o・)

 

 

今大会で、我々中大勢は下見の重要性を強く思い知らされた!

 

でも、こんな事は当たり前!!

 

この経験を次へ生かす事が大切なのだっ! そしてそのターゲットを釣り上げたまさにその時、

 

過去の経験が生かされると同時に釣りへの面白さが生れるのだっ!

 

 

ってことで、中大釣研の皆さん、今回のシーバス大会お疲れさまでした(^O^)/

 

 

                                        文責 1年 満田