浅八丸 サバ釣行 PART1

 

今回の更新担当は兵藤です

 

 

 

何の干物でしょうか
何の干物でしょうか

季節の変化とともに初期のメンバーも入れ替わり、新しいメンバーでの釣行。

前回のシーバスでは惨敗だったため今回は爆釣が期待されるサバ釣りへ。

期待と人でいっぱいの車に乗り、大量のサバとすれ違うパトカーに胸をドキドキさせながら目的地に到着。

 

時刻午後1時、いざ相模湾へ!

 

 

写真部を思わせるでしょ。

 

題名 ‘空と竿’ (撮影:満田)

皆疲労を隠せない
皆疲労を隠せない

出船後2時間、1尾だけでも!と期待するが全く反応なし

周りでは少しずつ釣れているようだがやはりかなり渋い。

あまりの渋さに船長も延長を余儀なくされ、

午後4時まで竿を出せた。 

 

残り時間もあと30分になったときテンションは急上昇!

次々にサバやソウダがヒット。

初めてサバを釣った私は興奮してマツオサンの帽子を釣ってしまいました(^_^;)

 

 

 

7人合計23尾。

ヒットパターンは去年と同じく、早巻きしつつ小刻みな連続しゃくりが有効だったとおもいます。

 

 

  

 

 

 

最後に浅八丸さんがサービスで 下処理をしてくれた。

 

帰宅後味噌煮と塩焼きでいただく。

あまり脂がのっていなかったが下処理のおかげで新鮮で美味だった。

 

 

次回の釣りは釣研メンバー全員で行きたいですね。

 

   おしまい  

 

                          

 

 

 

 

 

       

 

 

            ← 文責 1年 兵藤