ライトジギング!


 Date 6/12(日)

 

member:学習院、成城、中央、立教 総勢16名

 

毎年恒例の浅八ライトルアー船に乗ってきました。

 

当日までにごたごたがありましたが、  なんとか無事に出船できました。

みんな気合十分!

出港から40分、はじめは不調かと思われましたが次々にヒット!

 

サバフィーバー!

という感じでクーラーいっぱいに釣りました。

 

楽しかったです。

 

 

おまけ↓

いわし野郎
いわし野郎
サバイブ
サバイブ

おしまい


 

 

誰かさんの更新がいい加減すぎるので、一応別の枠に再更新ですw

 

今回は立教大学釣り部さんからのお誘いで、浅八丸ライトジギング船に乗せていただくことに。 しかし実際のところ、立教は3人のみの参加で、中央は10人! 人数的にこっちが色々やらなきゃいけなかったのですが、企画者に任せっきりでした。稲葉くん本当にありがとう!

 

さて、釣行の方を書いていこうと思います。

 

 

ライトルアーといえば浅八丸! ここ最近の釣果はすこぶる良く、2日前は一人当たり60〜100匹という半端ない数。 

 

午前船の連中が満足そうな様子で帰ってきたのでクーラーを覗くと、サバだらけ。これでもかといわんばかりにサバが敷き詰められていましたw

 

今回は初心者も多く、釣りの楽しさを存分に味わってもらえること間違いなし!

 

そして出航。

船を走らせること30分、ようやくポイントに到着し皆一斉にジグを落しこむ。

 

しかし反応なし…… 鳥山も全くたっておらず、あまりよろしくない状況。

 

そしてさらに沖まで船を走らせる。

 

ここでついに鳥が疎らに飛んでいるポイントを発見。 そして待望のサバが!

 

サバ爆釣タイムに突入! 今井の足元はサバの血だらけw 

 

上級者は一足早く、2桁突入。

 

一方初心者は〜 取り込む際にポロリw そしてまたポロリw

 

海賊のおっちゃんが見たら何ていわれるのだろうか? ←このネタは小笠原釣行みてね

 

とにかく竿のシャクリ方は不自然だし、リールの使いかたもあいまいだし、他人としょっちゅうお祭りするし、注意する点が山ほどありますね! 

かと言って丁寧に指導する時間もほとんどなく、他人の真似をしろ!としか言えず…。

でも釣りって初めはそんなもんですよね? 気づいたら知識もついてくる的な?w

 

まあでも4〜5匹は釣ってたんで満足してくれたはずです! サバの引きは強烈ですからね!

 

サバフィーバーから30分もたたないうちにクーラー満タン! 

正直食べきれる自信がないので、リリースしはじめる人も。

また、トップで反応するか試してみると…、すぐにヒット! ここまで活性高いと色々試すのもありですねw

 

そして船長から終了の合図。 

 

結果としては、一人あたり30以上は普通に釣れたと思います。 

このくらい釣ると、筋肉痛になるのが当たり前です。 そこまでサバの引きは強いんです。

 

この釣行を見てくれた方に一言。 この時期のライトジギング、おすすめです。

人気なので早めの予約を。

 

 

帰りの船上はお疲れモード。 みんなかなり満足してくれたみたいですね! 

なんだコイツはっ!? アル中も同船していたようですねw  

くれぐれも海に落ちないように!

 

企画者である稲葉くんのドヤ顔! 20匹以上お持ちかえりするようです。

がんばって食べてね!!!