12.21学釣連トラウト大会



member  溝渕さん、小川さん、三浦、八木、井田、丸山


学釣連のトラウト大会に参加してきました!

場所は神奈川県西部の足柄キャスティングエリアさんです。いかにも競技らしい形式の大会に参加するのはこれが初めてでしたのでとても緊張しました。そのためあまりほかの人の様子を見る余裕はなく、このレポートも私の勝手な日記のようになってしまいましたこと、ご了承ください。

この日はいつものファミマに集合して向かいましたが、朝食べ過ぎたためかちょっと酔いました↴

でもっていつのまにか寝てました、すみません

現地は日差しもあり思いのほか暖かかったですね、ただ前日に雨が降ったためかポンドは割と濁ってました。

くじでペアを決めて大会スタートです!

私のペアの相手は学習院1年生の佐藤君、バスロッド?にクローズドフェイスリール?にかなり太いラインというとても使いにくそうなタックルだったので私のタックルを貸してあげました。初心者とのことでしたが釣ってくれてよかったです。

 

 

放流があったのでドーナ2gの赤金を結んだら6投ぐらい連続でワンキャスト・ワンキャッチでした!w

はいそうです、釣果と人柄は比例しますw

放流直後は何使ったって釣れるんですけどやっぱりドーナはいいですねー。しかも赤金、釣ったというよりドーナに釣ってきてもらったってかんじですかね。

 

それでもラインでアタリをとれるか否かってのは大きいと思います。

放流効果が薄れてくるとカラーや動きの地味目なルアーに変えていくのがセオリーですが、それでもメッキ・フラッシュ系や暖色系の明るい色がよかったですね。


うちの三浦もそこそこ釣れていましたが、すべて私が貸した表ブルーフラッシュ×裏コパーのスプーンひとつで通したとのこと。コスパのいいやつですね、さすが前会計ですw


その三浦、どういうわけか対岸のカップル(っぽいの)をやたら気にしてました。何かやなことでもあったんでしょうか。

ちなみに私は12月24日にこのレポートを打ってます。本日何も予定はございません。


…多少風があったのであまり軽いルアーは使いにくかったです。

私なりのパターンとしては、青銀やフラッシュオレンジといった反射の強いカラーのスプーンを着水からカウント5くらいがよかったですね。


私は比較的調子よかったので制限時間内にもかかわらずペアに写真を撮ってもらう余裕もw


そうこうしてるうちに20分×3セットがおわり、私はトータル16尾でB組を予選1位で通過できました!

中大からは溝渕先輩も予選通過、決勝進出です!


で、肝心の決勝戦ですが、あー、0でしたっ、ボウズでしたっ。2,3回バイトはあったんですが掛けきれず、スプーンが飛んできて後ろの柵に絡んだりしました↴


でも溝渕先輩はしっかり掛けて3位入賞です!


え?ナニ?ヒトガラ?知りません聞こえません(野々村元県議風)


賞品はどっかの会社のタックルボックス…

協賛してくださった企業様、ごめんなさい後で書き込みます…

表彰式が終わればお待ちかねのじゃんけん大会!

コレも中大強かったですね!

私はタックルベリーさんのピンオンリールいただきました。


帰り道途中でサイゼに寄りました。

幸か不幸か妙な慣例ができてしまったようです…

最後になりますが、忘年会やなんやらでイロイロ疲れてるはずなのに運転してくださった両先輩と、運営してくださった方、協賛してくださった企業の方々にお礼申し上げます。

ありがとうございました、メリクリ、よいお年を。


                   文責 八木