member    

 4年生 小川さん

 3年生 三浦さん、八木さん、若村さん、高坂さん

 2年生 川添、丸山、石井、井田

 1年生 春日、梯、長谷川

 

 

今年も行ってきました!

長野県の鹿島槍ガーデンです!!

昨年も学祭期間中に行ってその魚のサイズ、コンディションの良さに圧倒されましたね~(・∀・)

 

 

 

カメラに向かってキメ顔をする井田w

 

 

 

 

実は私川添は27日の出発の時バリバリ風邪をひいていて熱もあるというのに埼玉から250キロほど運転していきました笑

 

 

普段ほとんど体調を崩さないというのにこういう時に限って風邪ひくなんて意図しないことも起こるものです。

体調管理って難しいですね(・ω・)






今回は学祭期間中にも関わらず一年生も3人参加してくれました!



 

 

 

23時過ぎに埼玉を出て関越道~上信越道を通り翌朝三時半くらいに大町に着いたので近くのコンビニで仮眠をとりました。

 

 道中真っ暗で霧も濃い山道もあり、本怖みたいな雰囲気を味わいながらのドライブでしたが、みんな起きていてたくさん話もできたのでまあ退屈はしなかったかなあ。

 

 

 

 

 

 

顔にタオルを巻く井田。

 

この合宿中やけにテンション高かったですね(。・ω・。)

 








そして五時半くらいに鹿島槍ガーデンに到着し、井田と自分で真っ暗な中走り回ったりして遊んでいましたw


はい、とても病人とは思えませんね。

そんなかんじで日の出を迎え、先輩方も到着したのでタックルの準備を開始しました!









去年ほどではありませんでしたが、外は朝一とあって結構寒かったですね(^_^;)


今回は鹿島槍の大物狙いのためタックルは3つ持って行きました。

 

 

スプーン用

ロッド:カーディフエリアリミテッド66UL

リール:10ステラC2000HGS

ライン:GTR ゴールド 4lb


クランク・ミノー用

ロッド:カーディフ56UL-B

リール:カルカッタコンクエスト50s

ライン:GTR super limited 4lb

 

大物狙い用

ロッド:ワールドシャウラ2650FF-2

リール:14ステラ2500S

ライン:GTR ナノダックス 6lb


 

 

 

早速去年苦戦した一号池に入り投げ続けますが、三時間やっても5,6匹しか釣れませんでした(T_T)

この一号池は朝霞ガーデンより全然難しいですよマジでw

 

あがったサイズは60前後、最大でも65でした。

しかしなかには80近いんじゃないかと思えるようなサイズの魚もかかりましたが、名物の岩で切られてしまいました。。。


そして私も皆さんのいる二号池の方に逃げていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、八木さんの方をみると何やら黒い動物と戯れていましたwww




去年何度も熊をみていたため一瞬熊かと思ってしまいましたが、ただの猫でした笑





他の池でやっていた皆さんもこのコンディションに苦戦していたようですが、なんとか釣り上げていました!






ブラウンをバス持ちする三浦さん(゚Д゚)


いやいや、かなり痛いですよねwww


 

 

 

 

 

 

 

魚を釣り上げてカメラをにらむ井田。

 

 

 いやw笑おうよwww

 




一年生も全員釣れたとのことで一安心ですね(。・ω・。)


去年は一号池以外はそれなりに活性も高かったのですが、今回は全体的に渋かったですね(T_T)


夕方になって少し食いがよくなってきてDコンなどのミノーでそれなりに数を伸ばしていきましたが、タイムアップ。。。



集合写真を撮るときにはもう結構暗くなってしまいました笑


次に来るときはもっと釣れればいいなぁ(^_^;)


ここから宿に向かい、釣った魚を使って調理しました!

ブラウンとアメマスの刺身に、石狩鍋、鶏肉の水炊き、ブラウンのバター醤油炒めなど今年もトラウト尽くしの料理でした(・∀・)



ある程度食べ終えると、今年は皆さんも元気でしたので宴会突入ですw


 

八木さん荒れてましたね笑

 

石井や井田をいじってかなりはしゃいでいました!(^^)!

 

 

 

 

八木さんの無茶ぶりに困惑する井田w

 

普段ほとんど飲まないのに珍しく飲んでました!

私も騒ぎたかったのですが、体調不良&明日も運転ということもあって早めに就寝しました(・д・)


私がダウンした後は話を聞いた限り皆さんかなり盛り上がったみたいです笑

今度飲みをやる時は私も負けてられませんね!!


こんな感じで初日は終了!







              文責  川添